カニの上手なむきかた

カニの上手なむきかた

カニって美味しいんですけど、硬い殻をむくのが大変ですよね。
「大変な思いをして殻をむくから食べた時に美味しいんだ」
なんて言う方もいますが、実際はどうなんでしょうね?

最近では、食べやすいように最初からむいて冷凍されてある
むき身カットのカニ通販もありますね。

この場合、むく手間も無いですし、身入りが少ないリスクが無いので、
通販でも選ぶ方も多く人気の商品になっているようです。

ところでカニの上手なむきかたってどうすればいいんでしょうか?
苦労せずにむければ、嬉しいですよね。
カニをむくときには、包丁よりキッチンバサミを使うことが多いようです。
まだ、キッチンバサミを持っていない方は、一つあると便利ですよ。

ズワイガニやタラバガニなど基本的なカニのむきかたは、
足の付け根の関節にハサミを入れて切ります。
次にカニを裏返してふんどしを開いて切ります。

そして甲羅を開いて、エラの部分(ガニ)を切り取ります。
(※エラは食べることができません。)

次に銅にハサミを入れて縦半分に切ります。
足の太い部分は、角になっている部分にハサミを入れて開きます。
そして開いた殻を切り取ります。

爪の部分は、切り込みを2本入れて殻を開きます。
キッチンバサミを使えば、思ったより簡単にむける印象です。
カニの上手なむきかたを覚えておけば、毎回、悩まなくてすみますよね。