カニの種類

カニの種類

カニは何種類存在しているのか、皆さんご存知ですか?
お祝いの席や特別な日に食べることが多いカニは実は5000種類以上も存在しているのです。
5000種類もカニがいると聞いたら必ず誰もが驚きを隠せないと思います。

とてつもない数のカニがいるんですね。私が見たことがあるのは、
せいぜい子供の頃ペットとして飼っていたサワガニと、
水族館で見た巨大なタカアシガニ位です。

種類豊富なカニの中でも、食べるために流通しているカニはそれほど種類は多くありません。
一般的に日本で知られているカニはタラバガニ、毛ガニ、ズワイガニの3種類でしょう。
どれも日本海で捕れますし、カニ専門店に行けば必ず食べられます。

他に日本で捕れるカニとしてあげられるのは、
北海道で捕れるワタリガニ、太平洋沿岸に生息するタカアシガニがあげられます。
上海ガニもよく中華料理店で出される有名なカニですよね。

そもそもカニはカニ類とヤドカリ類の2種類に大きく分かれることができます。
さらにカニ類はクモガニ科、クリガニ科、ワタリガニ科、アサヒガニ科、イワガニ科に、
ヤドカリ類はイワガニ科とタラバガニ科に分かれます。

あまり聞きなれない言葉を並べると分かりにくくなってしまうので、
代表するカニをあげていきますね。

例えばズワイガニはクモガニ科に、毛ガニはクリガニ科、上海ガニはイワガニ科となっています。足の本数やカニの歩行方法によって様々な科に分かれるようです。

以前、「カニなんてどれを食べても同じだろう」と思っていたのですが、
北海道へ旅行に行った時にカニの種類によってあまりにも味が違うことに驚いたんですね。
そこで、食べられるカニの種類についてご紹介します。

まず、タラバガニです。
タラバガニは、身がプリプリしてとても美味しいですし、カニの種類の中でもとても人気です。
見た目も、もろカニなんですが、実はヤドカリなんだそうです。

これには、驚きですね。人気が高いので、偽物も流通しています。
タラバガニと見せかけて実は、アブラガ二というカニだたということもありますので、
信用のあるお店から購入することをお勧めします。

ズワイガニは、全部で5〜6種類ほどあるそうですが、
日本で流通しているのは、ベニズワイガニが多いようです。

生でもほんのり甘く人気の高いカニです。
毛蟹は、比較的小ぶりで他のカニより甘味が強くカニミソが多いです。

カニはたくさん食べたことがあっても種類を知らなかった人に
ぜひ知っておいてほしいカニの種類となっています。